【#無線LAN】電波が届かない!研究室で試した古いMacの新たな使い道

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

突然ですが、「古いPCはどうしてますか?」

私は、以前使っていたMacBook Proは今でも現役で活躍しています。

参考 8年間使ったMacBook Proの現状Gororiの雑記ブログ

ということで、今回は私が行っている古いMacの新たな使い道についてご紹介したいと思います。

電波が弱い!古いMacを使おう!

大学にもよりますが、私の所属している研究室はわりと広く、研究室内のルーターでも、Wi-Fiの電波が届かない場所があります。

そして、いろんな場所でPCを使う私にとっては、電波の届きにくい場所での使用は、ストレスそのものでした。

そこで、古いMacを再利用してなんとかできないかと考えていたところ、素敵な方法があったのでご紹介したいと思います。

お察しの方もいらっしゃると思いますが、

今回、ご紹介する方法は、古いMacを中継地点にする方法です。

つまり、古いMacから電波を飛ばすことで、研究室の端に居ても、電波がMAXになるわけです。

今回の方法で何より素敵なのは、設定が非常に簡単なことなんです。

用意するものは...

  • 有線LANをつなぐアダプター (iMacなら必要ありません)
  • USB Wi-Fi

のどちらかです。

私の場合、MacBook Proで、有線LANをつなぐアダプターはあったんですが、家に置いてあるので、USB接続型のWi-Fiを買いました。

お値段は、なんと『800円』(購入時)でした笑

TP-Link WiFi 無線LAN 子機 AC600 433Mbps 200Mbps Windows/Mac OS 対応 ナノ設計 デュアルバンド 3年保証 Archer T2U Nano

あとは、設定をちょちょっとするだけなんですが、これは次の項で説明します。

有線LANをつなぐアダプターがある場合

インターネット共有の設定(有線LAN)

有線LANをつなぐアダプターがある場合ですと、
設定の流れとしては、Macの「インターネット共有」を設定するだけです。

『Macのシステム環境設定』を開いて『共有』を選択します。
  • 共有する接続経路
    LANケーブル接続の場合になりますので、『Ethernet』を選択してください。
  • 相手のコンピューターでのポート
    画像と同じく『Wi-Fi』にチェックを入れてください。
Wi-Fiオプションをクリックして、パスワード等の設定をします。
  • ネットワーク名
    →Wi-Fiで検索した時に、表示される名前になります。好きな名前を設定してください。
  • チャンネル
    →好きな番号を選んでください。
  • セキュリティ
    →WPA2パーソナルを選択してください。
  • パスワード
    →Wi-Fiに接続するときに必要なパスワードです。好きなパスワードを設定してください。
  • 確認
    →設定したパスワードと同じものを入力してください。
続いて、『インターネット共有』にチェックを入れてください。
『開始』をクリックしてください。あとは、いつもと同じくWi-Fiの接続一覧に先程設定した名前のWi-Fiが見つかりますので、パスワードを入力して接続してください。

USB接続型Wi-Fi

なぜ、MacBook Pro にWi-Fiが付いているのに、わざわざUSB接続型Wi-Fiを購入したかと言いますと、

ルーターにWi-Fiを接続してしまうと、他のPCへ電波を飛ばすことに使えなくなってしまうんです。

というわけで、私が今回、購入したUSB接続型Wi-Fiは...

「TP-Link AC600」という製品になります。

もっと新しく・安いモデルが出ていると思うので、皆さんが使われる際は、Amazonで「USB Wifi」で検索してみてください。

設定の流れとしては、

  1. USB接続型Wi-Fiのドライバをダウンロード&インストールする
  2. Macの「設定」→「共有」→「インターネット共有」

になります。

USB接続型Wi-Fiのドライバをダウンロード&インストールする

USBに刺しただけでは、使用できません。
ドライバのダウンロードページからダウンロードし、インストールしましょう。
インストールが完了しましたら、右上にWi-Fiマークが表示されます。

インターネット共有の設定(USB接続型Wi-Fi編)

設定の流れとしては、有線LANの場合とほぼ同じく、Macの「インターネット共有」を設定するだけです。

『Macのシステム環境設定』を開いて『共有』を選択します。
  • 共有する接続経路
    USB接続型Wi-Fiの場合ですと、『802.11ac WLAN Adapter』を選択します。
  • 相手のコンピューターでのポート
    画像と同じく『Wi-Fi』にチェックを入れてください。
Wi-Fiオプションをクリックして、パスワード等の設定をします。
  • ネットワーク名
    →Wi-Fiで検索した時に、表示される名前になります。好きな名前を設定してください。
  • チャンネル
    →好きな番号を選んでください。
  • セキュリティ
    →WPA2パーソナルを選択してください。
  • パスワード
    →Wi-Fiに接続するときに必要なパスワードです。好きなパスワードを設定してください。
  • 確認
    →設定したパスワードと同じものを入力してください。
続いて、『インターネット共有』にチェックを入れてください。
『開始』をクリックしてください。あとは、いつもと同じくWi-Fiの接続一覧に先程設定した名前のWi-Fiが見つかりますので、パスワードを入力して接続してください。

総括

以上、古いMacBookを使って、Wi-Fiを中継する方法でした。

ルーターに接続した時とほとんど変わりないので、動画もサクサクと見れます

ちなみに、Windowsでも同じような機能が使えるんですが、数台試してもどれも接続が安定しなかったので、やっぱりMacでやるのがオススメです

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。