驚異の180億回再生!研究に支障が出るほど、ハマったドラマ『瓔珞』について

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

大学院生のGororiです。

今日は雑談です。

最近、とある中国ドラマにドハマリしてしまいました。

BSで放送されていたものを録画して見ていたのですが、続きが気になりすぎてU-NEXTを契約したほどです。

そのドラマの名は『瓔珞〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜』。

この記事では、

  • あらすじ
  • 瓔珞のすごさ(評価)
  • 瓔珞の魅力

について紹介します。

あらすじ

清の乾隆(けんりゅう)帝の時代、繍坊の女官として後宮に入った魏瓔珞(ぎえいらく)は、宮中で殺された姉の死の真相を突き止めるため、密かに犯人を捜し始める。そして姉の遺品に皇后の弟・富察傅恒(フチャふこう)の持ち物を見つけると、彼への疑いと復讐の炎を燃やす。そんな中、妃嬪たちの権力争いに首を突っ込んでしまった瓔珞は、類まれな聡明さを認められて皇后・富察(フチャ)氏の侍女として仕えることに。これを機に傅恒に接近する瓔珞だが、彼の清廉さに触れるにつれ、次第に2人は惹かれ合っていく。しかし、予期せず乾隆帝からも寵愛を受け…。愛憎渦巻く宮廷で女官から皇后にまで上り詰めた“女傑”の物語が今、幕を開ける――!

要するに、主人公「瓔珞」が宮中で謎の死を遂げた姉の真相を突き止め、復讐しながら、女官から皇后にまで上り詰める物語です。

『瓔珞』はすごい人気ドラマだった...

何気なく見ていたので知らなかったのですが、このドラマについて後々調べてみると...

  • 2018年に中国で人気NO.1
  • 中国版エミー賞(アカデミー賞のドラマ版)と言われる「国劇盛典」の4冠を獲得
  • 香港で放送されると視聴率30%超え
  • アメリカ・カナダをはじめ90カ国以上が版権を購入
  • Googleで“2018年世界で最も検索されたTVドラマ”
  • Variety誌が選ぶベスト海外ドラマにも選出
  • あまりの盛り上がりに、華美な描写や欲望渦巻く宮廷闘争が社会主義的価値観に悪影響を及ぼすとして、中国当局の批判を受け、テレビ放送が中止に追い込まれるという異例の事態に発展

この情報だけでも、かなり過ごそうなドラマですよね。

『瓔珞』の魅力

悪人を罠にハメるのが超絶うまい主人公

このドラマの最大の見どころは、『悪人を罠にハメるのが超絶うまい主人公』、「魏瓔珞」です。

瓔珞は、姉が宮中で不審死を遂げた謎を解くために、繍坊の女官(刺繍を行う女官)として後宮に入ります。

姉の死の真相を追う中で、瓔珞を邪魔する妃嬪(地位が高い)や下女達に対し、奴婢(地位が低い)出身でありながらも持ち前の頭の良さで渡り合っていきます。

一見、宮廷の愛憎渦巻くドロドロ時代劇と思いきや、勧善懲悪の痛快ドラマになっています。

チャングム&半沢直樹が好きな人にはぜひ見てほしい内容です!

紫禁城を再現したセットを使っている


Wikipedia「 横店影視城 」より

宮廷の様子があまりにもリアルに感じられたので、すごいCGだなぁと思っていたのですが、実は、ほとんどが実写で撮影しているのです。

しかし、撮影に使われた紫禁城は北京にあるものではなく、撮影スタジオ内にあるセットなのです。

MEMO

瓔珞の撮影は、『横店影視城』という中国最大の映画スタジオで撮影されています。
(CGもあるようですが...)

ここでは「秦王宮」「清明上河図」「明清宮苑」「広州・香港街」「江南水郷」というように様々な時代のセットが作られており、中国を舞台にした映画・ドラマが数多く撮影されています。

日本でいうと、スケールが超大きい『東映太秦映画村』みたいなものですね。

出演陣(女性)が美男美女揃い!


クリックすると、拡大ページに飛びます。

さすが人口14億人の国だけあって、中国の俳優さんはいろんなタイプの美男美女が多い!!

もちろん、瓔珞でも美男美女の俳優さんが多数出演しており、豪華な衣装と相まって、目の保養にちょうど良いです。

私のオススメは、男性だと富察傅恒(シュー・カイ)、女性だと富察容音(チン・ラン)です。
爾晴も結構好きです...

出演者の名前を画像検索すると、洋服を着ている姿が出てくるので雰囲気が変わって新鮮です。

OPのクセがすごい(笑)

ドラマ史上最高レベルにパンチの効いたOPは一度聴くと「ん?」となります。

これは、中国の伝統芸能である「京劇」特有の発声のようです。
(歌舞伎も独特の喋り方をしていますよね)

ところが毎日聴いていると...
♪カンチンチュ〜って口ずさんでいました(笑)

きちん(スッキリ・納得のいく)とした終わり方をする

少しネタバレになりますが、このドラマの最後は割とハッピーエンドです。

長編ドラマで心配になるのが、意味の分からない終わり方をする場合です。

せっかく、長い時間をかけて見てきたのにも関わらず、最後には全員死ぬとか伏線を回収できないまま終わられると、「時間を返せ!」と言いたくなります。

『瓔珞』はその点大丈夫です(笑)

さいごに

最近は、『愛の不時着』『梨泰院クラス』といった韓国ドラマが再びブームとなっていますが、どちらも見た、私からすると『瓔珞』は負けず劣らずの面白さがあり、知名度という点でのみ負けているだけだと思います。

ちなみに、第一話はYouTubeで無料で見ることができます。

後半になるにつれ、面白くなってきますが、どういった感じが試しにみてみてはいかがでしょうか。

『瓔珞〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜』を見るなら、「U-NEXT」がオススメです。

現在(2020年11月現在)、『瓔珞〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜』は...

  • DVD(全5巻:約7万円)
  • U-NEXT(独占配信)

のどちらかしか見る方法はありません。

人気すぎてスピンオフや続編もある

中国のみならず、世界的な人気からNetflixでスピンオフが配信されています。

その名も、『金枝玉葉 ~新たな王妃となりし者~』です。

瓔珞の娘である昭華が主人公の物語です。
もちろん、乾隆帝や瓔珞が登場します(少しだけですが...)。

MEMO

瓔珞はU-NEXT独占配信で、金枝玉葉はNetflix独占配信になります。

瓔珞 U-NEXT
金枝玉葉(スピンオフ) Netflix

本当に商売が上手ですよね(笑)

私は両方契約する羽目になりました...

続編の噂もあり、乾隆帝の次の皇帝(瓔珞の息子?)のお話だそうです。

また同じ監督・キャストで『コウラン伝 始皇帝の母』というドラマがNHKで放送されています。

まだ数話しか見ていませんが、なかなかおもしろそうな感じです。

おしまい

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です