【iPad】大学院生が論文を読むには、タブレット(iPad)はあったほうがよいのか?

スポンサーリンク

こんにちは。

Gorori(@gorori_zakki)です。

大学院生の中には、タブレット(iPad)を使っている人をよく見かけます。

話を聞いてみると、論文を読むのに使っているそうなんです。

というのも、PCで読むとなると、ある程度のスペースが必要になり、紙だとかさばってしまうので、タブレットが一番良いそうなんです。

そこで、iPadを使ったことがない私が『大学院生にiPadが必要なのか?

実際に検証してみました。

今回、私が購入した iPad について

今回、私が購入した iPad は...

  • iPad Pro (2020) 11インチモデル 128G
  • Apple Pencil(第2世代)
  • Smart Folio(カバー)
  • 「PCフィルター専門工房」iPad Pro 11 (2020 / 2018) ペーパーライク フィルム
    →これで画面が紙の質感に近くなり、文字がものすごい書きやすくなります

合計金額は

 

iPad Pro (2020) 11インチモデル 128G ¥ 79,800
Apple Pencil(第2世代) ¥ 13,400
Smart Folio(カバー) ¥ 8,500
合計金額 ¥101,700

高い買い物ですが、あえてiPad Proを購入しました。

理由は後ほど。

まずは結論:大学院生にiPadは必要なのか?

結論から言いますと、大学院生にiPadはあればなお良い。

確かに論文は読みやすくなりました。

紙と違い瞬時に文字を拡大することができますし、書き込みも紙とほぼ変わりなくできます。

文字を消せるというところでは、むしろ紙よりも便利です。

また、

  • かさばらない
  • PCでダウンロードしたものが瞬時にiPadに移行できる(Mendeleyを使用)

といったメリットがあります。

ただ、一つ問題があるとするなら、分からない用語を検索するときには、PCのように文字が打てないというところです。(ちなみに、Magic Keyboardは折りたたんでの使用ができないため、購入しませんでした)

ここまでだと、「iPad でよくないか」と思いますが、あえて私は iPad Pro を購入しました。

理由は次に示すとおりです。

なぜ、iPad の Pro を購入したのか?

ではなぜ、高額な iPad Pro を購入したのかといいますと...

紙に書いているような感覚

iPad Pro は他のiPadよりも文字がサラサラ書けます

例えば、クレジットカード決済の際、タッチペンで電子サインを書いていると、ペンの動きに遅れて線が表示され、書きにくいと思った経験はありませんか?

iPad Pro だとこういった現象が抑えられるんです。

つまりこういうこと!

120Hzだとペンの動きに線がほぼ同じように表示されているのに対し、60Hzですと少し遅れて表示されています。

MEMO
iPad Pro は画面のリフレッシュレート(Hz)が iPad Air よりも高いため、書いたときの線の表示の遅延が少なくなり、紙に書いているときとほぼ変わらない質感を表現できます。

iPad Pro iPad Air
120 Hz 60 Hz

※ Hz →1秒間に画面が何回切り替わるか(=1秒間に何回画面を書き換えるか)

ゆっくり書く場合なら問題ありませんが、ペンを素早く動かすときは、使用感がかなり変わってきます。

文字を書くなら iPad Pro がオススメというわけです。

Apple Pencil(第2世代)が超便利

iPad Pro は第二世代 Apple Pencil に対応しています。

Apple Pencil の第一世代と第二世代との違いは次のとおりです。

第一世代 第二世代
充電・ペアリング コードが必要 無線でいい
ダブルタップに対応 ×

第二世代 Apple Pencil は iPad Pro に引っ付けるだけで充電・ペアリングができるんです。

さらに、ダブルタップ(2回トントンとタッチする)だけで、消しゴムに切り替えられるんです。(設定で消しゴム以外にも)

無駄な操作が減って、文字を書くのに集中できます。

動作が軽い

iPadのフラッグシップモデルだけあって、処理能力が高いです。

何をしてもサクサク動くので、ストレスを感じることはありません。

論文を読む以外にも便利なポイント

思いついたらすぐにメモ

私の場合、メモ用紙の代わりに使っています。

普段、メモ用紙だとすぐに捨ててしまうのですが、iPad に保存するようにしてから、全てのメモを保存できるので、突然見たくなったとき、地味に便利なのです。

寝転びながらのネットサーフィン

研究用に購入したのに、便利過ぎるのでそれ以外にも使ってしまいます。

パソコンよりも小さく・軽いのでどんな体勢でも操作できてしまいます。

文字が打ちにくいのが難点ですが、見るだけなら楽なんです。

さいごに

iPad Pro はたぶん今年購入して最も良かったものになると思います。

ちなみに、iPad Pro を使い始めて4ヶ月目で、この記事を書いている最中にiPad Air のニューモデルが発表されました。

新型 iPad Air (2020)は色々とグレードアップされ、iPad Pro よりも勝っている点がありますが、リフレッシュレートが60Hzのままなんです。

なので、

  • Apple Pencil で文字を書くなら...

やっぱりiPad Proオススメになります。

今回、タブレット購入にあたって、私がMacユーザーであることから、iPad に限定して紹介しました。

おしまい

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です