【#ネオモバ】大学院生が余ったTポイントで株を買ってみた。5000円分の株式の配当金で年会費を補填できるんじゃんないの!?

スポンサーリンク

こんにちは。

大学院生のGorori(@gorori_zakki)です。

緊急事態宣言が発令されてからというもの解除された現在でも影響が残り、株価がかなり下落しているので、株を購入してみたいと思っていました。

しかし、

  • 通常の売買単位である100株(数十万)を購入できる資金がない
  • 少しの株価の変動で損得の額が大きくなる

といったことからなかなか手が出しにくかったりします。

そこで今回、Tポイントで1株単位から購入できる『ネオモバ』を利用してみたので、感想を紹介したいと思います。

参考 ネオモバのHPネオモバ

なぜ、ネオモバ?

私は普段、全ての支払いをPayPay or Yahoo!カードで行っています。

そのため、支払い金額の1%がTポイント(毎月200ポイント以上)として付与され、結構溜まってきました。

ところが、欲しい物はAmazonの方が安く・早く届くので、Tポイントを使うことがほとんどありませんでした。(また、ポイントで支払うと、ポイント加算が無くなってしまうので、本来獲得できるポイントを逃してしまう)

そんな時、Tポイントで株(1株単位で)が買えるとニュースで見て、登録してみることにしました。

ネオモバに向いてる人

  • Yahooカードを使っている人
  • Tポイントが貯まっている人
  • 少額(数百円)から株取引を始めたい人

登録は簡単でスマホだけで完結

登録に必要なのは、

  • スマホ
  • クレジットカード
  • 本人確認書類

の3つだけです。

あとは、登録フォームに名前・住所 etcを入力して、本人確認書類 + 自撮りをスマホで撮影するだけです。

本人確認書類

  • マイナンバーカード
  • 通知カード + 運転免許証

のどちらか一方。

あとは、書類確認のため数日待つだけです。

このサービスのメリット

このサービスの利点といえば、

  • Tポイントを株購入に利用できる
  • 1株単位から購入できる

ということです。

では、これらの利点は、月々220円を支払う価値はあるのでしょうか?

利益を計算してみた

このサービスを利用するは年間、

220 円/月(税込)× 12 ヶ月/年 = 2640 円(1年あたりの年会費)

かかります。

しかし、毎月、株式購入に使える200 ポイント(1 ポイント=1 円)が配布されるので...

1年あたりの実質負担額は、

2640 円 - (200 円 × 12ヶ月/年)= 240 円(1年あたりの実質負担額)

になります。

つまり、『配当利回りが5 %以上の株を4800 円分購入すれば、配当金だけで実質負担額が補填』できてしまいます。

そこからは、株を買い足した分だけ、純利益となり、さらに株を買い場合も追加費用はかかりません。

MEMO
株式購入の手数料は、会費に含まれているのでかかりません。
※月の取引額が50万円を超えた場合は変わります。

結果、Yahoo!カード利用者といったTポイントを大量に獲得できる人」は、ネオモバを利用する(月々220円を支払う)価値があるかと思います。

株式を購入してみた

早速株式を購入してみることにしました。

購入する株式の条件

  • 配当利回りが5 %以上
    →長期保有が前提
  • 倒産の可能性が極めて低い
    →日本経済への影響力が大きい企業

とは言いつつも、1株単位での購入になりますので、冒険できるところはしていきたいと思います。

購入した企業を紹介していきますと...

みずほフィナンシャル・グループ

『みずほフィナンシャルグループ』は、配当利回りが6 %と高く、メガバンクの一つであることから信頼度は高いと考えました。

とはいっても倒産しても、122.9 円の損失だけで済みますから...

日本郵政

『日本郵政』は、新型コロナウイルスの影響で売上が大幅に落ち、配当金の支払いも「未定」となり、株価が大きく下落しています。

だからこそ日本経済が復活するよう願いを込めて購入してみました。

三菱UFJフィナンシャル・グループ

最後は、メガバンク最大手の三菱UFJです。

ネオモバの「みんなが定期買付の設定をしている銘柄」にみずほフィナンシャルグループと共に入っているので、もし何かあればみんな道連れです(笑)。

まとめ

みずほ
フィナンシャル
グループ
日本郵政 三菱UFJ
フィナンシャル
グループ
合計
購入金額(円) 122.9 751.5 419.5 1293.9
予想配当額(円) 7.5 50 25 82.5

「取引手数料が一定」「運用資金が少ない」ので、短期トレードも気軽にできますね。

さいごに

株式も立派な資産です。

売却すればお金になります。

持て余しているTポイントがあれば、ぜひ運用してみてはいかがでしょうか。

日本郵政を買っちゃいましたが、とりあえず当面の目標は、安定の株を買い足して年会費を配当金だけで補填したいですね。

これから使用していって、満足・不満な点を追記していきたいと思います。

おしまい

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です