あなたも劇打!タイピングが早くなるための方法

あなたも劇打!タイピングが早くなるための方法たち。

スポンサーリンク

ブラインドタッチができるようになると、文字の入力速度だけじゃなく、タイプミスも起こしにくくなります。

ブラインドタッチ:パソコンやワープロにキーボード入力を行う際に、キーボード面の文字刻印に頼ることなく、指先の感覚だけを頼りにしてキーを叩くタイピング技法。

《概要》

  • 【筆者について】
    小学生のときに独学でブラインドタッチを練習した。
  • 【背景】
    パソコンが普及してきたこともあり、パソコンの文字が打てないという人はほとんどいない。
    しかし、学校でも会社でもソフトの使い方は教えてもらっても、早く入力する方法を教えてもらうことななかった。
  • 【この記事の目的】
    ブラインドタッチを行いたい思う方に、参考になるような情報を提供する。
  • 【内容】
    自分がおこなったタイピングの練習法とそれに使用したソフトの報告。

みなさん、こんにちは。

多くの方が日常生活でPCを使用すると思います。
しかし、学校でも会社でもソフトの使い方は教えてもらっても、早く入力する方法を教えてもらうことなないと思われます。

私は、小学校低学年のときに、PCを触りはじめ、時間もたくさんあったおかげで、独学で2週間でブラインドタッチができるようになりました。

そこで、私が実際に行った練習方法と使用したソフトの成果について報告したいと思います。

ブラインドタッチのメリットは?

  • 文字を打つ速度が早くなり、仕事が早く終る
  • 画面を見ながら文字を打つので、ミスが減る
  • パソコンが好きになるかも...

ブラインドタッチ習得するためにやるべきこと!

  1. 基本姿勢
    キーボードの「F」「J」のキーに人差し指を乗せる
    指の詳しい配置はコチラ
  2. 「あ・い・う・え・お」を決められた指で何度も練習する
    ここが一番重要です!
    「あ・い・う・え・お」を見ずに打てるようになったら、8割方は完了です。
  3. あとは、「K」を足すとか行、「S」を足すとさ行...といった感じ
    「か・き・く・け・こ」「さ・し・す・せ・そ」...を練習する
    コツは、「一日に一気にやらないこと」です。
    タイピングは、正しい姿勢で打ち続けることが大切です。
  4. 最後は、実際に単語を打つ!
    実際に文章を打ってみる。
    仕事で文字を打つ or 練習ソフトを使う
    おすすめは、北斗の拳の劇打シリーズだったのですが、現在は開発が中止しているため、次項でおすすめソフトを紹介

おすすめタイピング練習ソフト

今回のページ作成にあたり、北斗の拳の劇打シリーズがなくなっていたので、無料かつ代わりとなるソフトを探してみたところ...

タイピンガーZ」というソフトがおすすめでした。

表示される単語を入力していくとダメージを与えることができ、ある程度入力していくと、ゲージが貯まり必殺技を出すことができます。

敵を倒していくと、キャラクターのレベルが上がっていく、RPG方式のゲームです。

 

ぜひ、ブラインドタッチをマスターしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です