Be Stockで1万円台の高性能PCを購入してみたら…

Be-Stockで1万円台の高性能PCを購入してみたら...

スポンサーリンク

《概要》

  • 【この記事の目的】
    1万円台で高性能PCを購入すると、どのような状態で届くのか
  • 【記事内容】
    購入したPCのレビュー

前回、高性能PCを低価格で手に入れるべく、探してみたところ(『→1万円台で買える!激安&高品質PCを購入しよう』)

老舗の中古PCショップBe Stockで高額PCとして有名なLet's Noteが17000円で売っていたので購入してみました。

そして...

ついに、届きました。

丁寧な包装に納品書・PCを使う前の説明書などが入っていました。

ところが...

  • パソコンが曲がっていてキーボードを打つたびにガタガタと揺れる
  • さらに、画面を開けるとそのまま全開になってしまう(ネジが緩んでる)

さすがに、これでは使えません。

交換サービス

Be Stockでは、

  • 持っているカバンに入らなかった。
  • 使用する予定だったソフトウェアが使えない。
  • 持っていたメモリの規格が合わない。
  • ドライバが当たらない。
  • コンディションが気に入らない

といった方を対象に『 交換サービス』を実施しています。

ということで、早速利用してみることにしました。

今回は、使用する上で難ありということで、着払いで交換(無料)してもらえることになりました。

レビュー

1週間後...

交換機が到着しました。

PCの状態はどうかと言いますと...

外見の状態

  • キーボード、傷・汚れなし
    →筐体の角に明らかな擦り傷はありました
    キーボードは使用感はなく、とてもキレイでした。
  • 外側に細かい傷がある
    →総合状態:Bランクですし、使用には問題ありません。

  • 交換前の問題だった画面の締り具合は改善されており、画面自体も傷なし
    →画面:Aランクなので、とてもキレイな状態です。

使用感

  • 起動までの時間は『19
    →SSDのため、サクサク動く
  • YouTubeの動画は、HD画質でも全く問題なし
    →旧世代といっても、CPUがCore i5であるため、動画を見るだけならフリーズしない
  • 使用時にファンから変な音がなるときがある
    →2分ぐらい経つと、音が収まる

17000円でこのスペックは、コストパフォーマンスが最高だと思います。

まとめ

今回のPC購入についてまとめてみますと...

メリット

  1. 1万円台で高性能PCが購入できる
  2. 商品状態をランク分けして明示しているので、購入時の参考になる
  3. 1年間の保証や交換サービスといったアフターサービスが充実している
    →交換サービスを利用した際は、進捗状況をメールでこまめに連絡してくれた

デメリット

  1. 中古品であるため、モノによって当たり外れがある
    →気に入らなければ、交換サービスを利用できる
    →商品ランクができるだけ高いほうがよい

結論としては、『選択肢の一つとしてアリ!

昔とは違い、ここ数年のPCは古くなっても、まだまだ現役で使えることが多く、サブPCが欲しい人やできるだけ安く済ませたい人には新たな選択肢になるのではないでしょうか。

追記:1ヶ月使ってみた感想

さて、1ヶ月間使用してみた感想です。

もちろん、総評は満足していますが、不満な点も出てきました。

不満な点

  1. バッテリーの劣化が見られる!
    →ビジネスPCのLet's noteといっても、やはり中古品ですので、モバイルバッテリーの劣化が見られ、外出先での利用では数時間しか持たなかった
  2. OSが32bitだった!
    →購入時点では気がつかなかったのですが(私の不注意)、少々時代遅れの32bitOSだったので、対応していないソフト(最新のソフトの一部)ではインストールができない
    →64bitOSのインストールし直せば解決(お金がかかる)

満足な点

  1. 処理速度が早い!
    →旧世代ではありますが、Core i5とSSDがついているので、文章を扱う分には全く問題ありません
  2. とても軽い!
    →Let's note なのでとにかく軽くて丈夫。

やはり、安くPCを購入したい方にはオススメとなっております。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です